4/1(日)「ミリオンダウト」終日開催★

2018.03.30

4月1日(日)、エイプリルフールイベントとして「ミリオンダウト」を終日開催いたします!

大富豪とダウトを組み合わせたドキドキの心理戦!
ベースは大富豪のルールですが、なんとカードを裏向きで出すことができます!
その裏向きに出されたカードは本当に出せるカードなのか、もしくは出せないはずのカードなのか……あなたは見抜いて「ダウト」チャレンジしますか??

大人気のミリオンダウト、ぜひカジクエで楽しんでくださいね♪

★「ミリオンダウト」詳細★

開催日:4月1日(日)
開催時間:終日(12~22時)
参加人数:ディーラー含め2~6人

-ルール-
★基本的なルールはいつものカジノクエストルールとなります
★参加費は5Gです(アンティではなく参加費となります)
★禁止あがりはありません
★「Jリバース」(Jが出るとリバース扱い)が「イレブンバック」(Jが出たターンは革命状態)に変更となります

・1デッキ(JOKER2枚)のトランプを使用します。各プレイヤーの手札は7枚です。
・各プレイヤーに7枚ずつ手札が配られます。
・大富豪のルールに則り、時計まわりに手札を出していきますが、任意のカードを“裏向き”に出すことができます。(複数枚出しや階段などで2枚以上出す場合は、任意のカードのみ裏向きでも、全て裏向きでも構いません)
・裏向きのカードが場に出された場合、他のプレイヤーは「ダウト」を宣言することができます。「ダウト」の宣言が入った場合は裏向きに出されたカードが全て表向きにされ、ダウトを宣言したプレイヤー、もしくは宣言されたプレイヤーにペナルティが発生します。(「ダウト」の宣言は先着順となります)

「ダウト」が成功した場合(裏向きのカードが本来出せないはずのカードだった場合)……「ダウト」を宣言されたプレイヤーにペナルティ
「ダウト」が失敗した場合(裏向きのカードが本来出せるカードだった場合)……「ダウト」を宣言したプレイヤーにペナルティ

※ペナルティ……そのターンの場に出ているカードを、ペナルティを課す側のプレイヤーが、全てもしくは選んで、ペナルティを課される側のプレイヤーの手札に加えます

・ダウトが成功したらダウト成功者から、ダウトが失敗したらダウトされたプレイヤーから手番がスタートします。
・手札が一定枚数を超えると「バースト」となります。バーストしたプレイヤーはその時点で敗退となります。
「バースト」枚数……その時点で残っているプレイヤーの人数+9枚
(4人の場合は13枚、3人の場合は12枚など)
※6人でのプレイ中、1名バーストするとバースト枚数が15枚→14枚に変更となりますが、その時点で14枚持っているプレイヤーは、次のターンで14枚未満にすることができればバースト扱いとはなりません。
・最初に手札を全てなくしたプレイヤーが勝利、チップ総取りとなります。
・勝利プレイヤー以外は、手札に残ったカード枚数×3Gを支払います。この時、支払い上限は“その時点でのバースト枚数×3G”となります。

●“3”の次、裏向きで1枚出された場合は、次に出せるカードは“4”~となります。
●「縛り」「8切り」などは、裏向きのカードには適用されません
●一度裏向きのカードを挟んだ場合は「縛り」にはなりません

※その他の詳細なルールは当日スタッフがご説明させていただきます。

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

更新通知を受け取る »
avatar
wpDiscuz